雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

ブログ開始して約1ヶ月が経ちました。

今日から週末まで出張です。

ブログの様子、日々の更新が出来ないのは残念です・・・・

出張先から更新する時間があればトライします。

今月から始めたブログも約1ヶ月が経ちました。

この情報発信ツールがいかに優れているか、よ~く認識できました。

同時に充実した時間を自分自身の充実感も得られています。

ただ、コメントが思ったほど頂けないのが辛いですね。

ただこれは、発信する側の自分自身の課題として捉えています。

ブログ管理する人の全人格的な持ち味がそのまま出るという事なので、自分自身をまだまだ磨いて、気兼ねなくコメントが頂けるような魅力あるブログ作りに励みたいと思っています。

閲覧にこられた方々から、暖かく見守っていただければ幸いです。

今後ともよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

ヘルシンキのマーケット広場

フィンランドヘルシンキのショッピングエリアで有名なエスプラナーディ通りの目と鼻の先ある港にはカラフルなテントが立ち並ぶ「マーケット広場」があります。


マーケット広場の中は、果物、野菜のエリアとお土産、雑貨や衣料品の露天が所狭しと並んでいました。

平日でも結構な混み具合ですから日曜ともなると大混雑となること間違いなしです。


やはりその土地の人々の様子を理解する上で、地元の市場を覗くことは手っ取り早いといつも感じてましたが、今回もその認識をさらに強めました。


到着した夜のフィンランド料理のレストランで、最後に出たきたコーヒーがこの木で出来たマグカップでした。木の香りと暖かみのある手触りがとても新鮮でGOODでした。

もちろん観光客を意識していることを念頭に置く必要はありますが、そこに並べられているその土地で取れた食材、そこの人々が作った雑貨、商品や売っている人たちの表情などを眺めているだけでワクワクしてしまいます。


どこにいっても市場は私の大好きな空間です。

にほんブログ村 旅行ブログへ
旅行ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

「確信」と「決意」について

しばらくぶりの富を手にするただ一つの法則です。

誰でも陥りやすいことだと思いますが、よい本や話を聞いて理解し、自分のものにできたと思い安心してしまいます。

しかし、長い間に身に付いた習慣や考え方はそう簡単に変えることは出来ません。

豊かな生活を得るためには、なにが必要かを明確にし、願望としてイメージに伝えなければなりません。

そして、ゆるぎない「決意」と「確信」をもって、望みどおりの環境と経済力が与えられたと想像し、その状態が続いていること思い続けることが大切です。

ただし、たんなる夢想や空想で終わらせるのではなく、それがまさに実現されようとしているという「確信」と、自らの手で実現させるという「決意」を強く持ち続けることを忘れないようにしましょう。

これまでの関連ログ
「願望とイメージの相乗作用」
「感謝することの大切さ」
「過去、未来ではなく「現在」を大切に」
「競争原理から抜け出す」
「豊かになる本当の目的」
「豊かさに対する願望」
「富を手にする法則」



ブログランキング・にほんブログ村へ

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

疲れた時にのチョコレートはいかが?

毎年恒例の24時間テレビが始まります。
子供たちの夏休みもいよいよ終盤ですね。

週末のひとときに、フィンランド・ヘルシンキで見かけたチョコレートショップの様子をお届けします。

とってもおいしそうでしょう!

北欧雑貨

旅行ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

ヘルシンキの風景

今日は、ヘルシンキ市内の様子をお届けします。

まずは元老院広場から見たヘルシンキ大聖堂です。鮮やかな白とミントグリーンの屋根の組み合わせが絶妙でした。

港の一角のマーケット広場


マーケット広場の脇にオールドマーケットホールです。


中には食料品のお店がずらりと並んでいました。


昼食はこのお店でゲットしました。



黒っぽくて丸いおせんべいみたいな形のパンに魚介類をたっぷりのせたものを食べました。とってもおいしかったっす!

北欧雑貨

にほんブログ村 旅行ブログへ
旅行ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

サンクトペテルブルクの風景(その2)

今日も旅の映像を整理しましたのでサンクトペテルブルグその2を紹介します。


サンクトぺテルブルクのネフスキー大通りです。大変にぎやかで活気がありました。


このレストランでボルシチペリメニを食べました。日本でいうファミレス風ですが、ロシア料理を堪能できました。

ボルシチの具は、肉も野菜も細かくきざまれていました。ロシアのボルシチは日本でいうみそ汁みたいなものでその地方、家庭により様々だそうです。


これがペリメニです。日本でいうと水餃子ですが、サワーをかけたり、マッシュルームと一緒にスープに入れたりとバリエーション豊かです。


最後に血の上の教会を違う角度からもう一枚どうぞ。

☆サンクトペテルブルグの風景(その1)

旅行ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

フィンランドといえばイッタラ(iittala)ですよね!

フィンランドヘルシンキといえば、やはりイッタラ(iittala)を抜きにしては雑貨を語れませんよね!

というわけでショップに行きました。


この世界的に有名なガラス製品のメーカー、イッタラは、生活に密着した製品を数多く生みだしており。
世界中にそのファンが多いそうです。

今回行くことは出来ません出したが、ヘルシンキから車で1時間30分ほどのハメーンリンナという地方都市に「イッタラ・ガラス・センター」があるそうです。

ここでは専用のテラスから職人たちが真っ赤に焼けたガラスの固まりに様々な形を与えて行く様子が見学できるそうです。

ただ、そこに行かなくとも市内には専門店をはじめとして、デパートやほとんどの雑貨店でイッタラ製品を見かけました。

値段は日本人の感覚からはやや高めですが、その独特なフォルム、デザイン、色使いは、接すれば接するほど魅了されていくこと間違いありません。


今回、私は小さめのAaltoボウルを手に入れました。

何に使うか迷う気もしましたが、そこにあるだけで素敵なんです。


イッタラ/アイノアールト950718タンブラークリア 4個セットイッタラ/アイノアールト950718タンブラークリア 4個セット


にほんブログ村 インテリアブログへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

ヘルシンキ便り(その1)

先ほど帰宅し、早速、ヘルシンキ便り第1号をお送りします。まずは成田空港での映像です。


成田~ヘルシンキを就航しているフィンエアーのMD-11です。

お馴染みのムーミンのキャラクターが描かれていました。
私も含めて子供よりもある年代以上の大人の方が喜んでいたのが印象的でした。

なんと乗客の約8割は日本人だったのが驚きでした。
日本人旅行者の北欧人気を物語っているような気がしました。



成田空港の第1ターミナルにあった、インターネットです。
結構ごっつい作りで、10分間100円でした。
日本語入力のやり方は、ファイルでわかりやすく表示されていました。
事前に読んでからお金を入れることをおすすめします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

ヘルシンキは雑貨好きにはたまらない

本日、フィンランドのヘルシンキから帰国します。

ただ今ドイツのフランクフルトで乗り換え待ちのところです。

4日ぶりでインターネットができる環境とめぐり合いほっとしたものの、ブログの来訪者の激減に驚きました。

やはり、定期的な更新がないとすぐに閲覧される皆さんは離れてしまうものだということを痛切に感じました。

帰国したらヘルシンキで仕入れた写真とともに旅情報、雑貨情報を発信しますのでお楽しみに。

ブログランキング・にほんブログ村へ

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

ヘルシンキに行ってきます。

成田第1ターミナルからの書き込みです。

今日はフィンエアーで出発します。

10分100円のインターネットキオスクを使ってみましたが、ちょっと高いものの空き時間があれば十分活用できることがわかりました。

ブログを開始してはじめての渡航ですが、今まで以上にワクワクします。

情報発信の機会を有するということが、これほど意識に変化をもたらすとは思っても見ませんでした。

限られた時間ですが、きっと材料は豊富にあるでしょう。

皆様の好奇心を少しでも揺さぶれるよう現地状況を持ち帰りたいと思います。

また見にきて下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

願望とイメージの相乗作用

望みのものがあれば、頭の中に明確で具体的なイメージを描かなければなりません。

そして、自分の考えを伝えるためには、自分の頭で考える必要があります。

もし、したいことや手に入れたいもの、なりたいものについてあいまいでぼんやりした考えしかない場合、具体的なイメージを描くことはできないでしょう。

漠然と「なにかよいことをしたいから」豊かになりたいと思うだけでは不十分なのです。

心から望むものがなんであるか、どうしても手に入れたいものが何であるかを知り、それを考え続けることが重要です。

イメージが具体的になるにつれて、また、工夫を凝らして細部をつきつめていくにつれて、その願望はますます強くなり、願望が強くなればいっそうイメージに気持ちが集中するようになると思います。

なお、本日から来週末まで不在となりますが、滞在先のホテルからのエントリーにチャレンジします。

これまでの関連ログ
「感謝することの大切さ」
「過去、未来ではなく「現在」を大切に」
「競争原理から抜け出す」
「豊かになる本当の目的」
「豊かさに対する願望」
「富を手にする法則」

ブログランキング・にほんブログ村へ

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

初めて相互リンクしました!

ブログを初めて2週間ちょっとが経ちましたが、初めて相互リンクをさせていただきました。

お相手していただいたリンクはzakka blog selectionというブログです。

マイリンクコーナーの一番上に、黄色のバナーを張っています。素敵なイラストがたくさんあるブログです。


私のブログは輸入雑貨のカテゴリーにしっかり入っていました。

ちょっぴり恥ずかしいような気もしましたがやはり嬉しいですね。今後ともよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

感謝することの大切さ

九州地方への台風10号の影響が気になるところですが、今日は「感謝」について考えてみます。

何事にも「感謝」の気持ちがないと大きな力発揮することは出来ないでしょう。

豊かになるためには、望むもののイメージを明確に持つことなのですが、現状への不満をぐずぐずと抱いてしまうと、物事はうまくいかなくなります。

陳腐なもの、平凡なもの、貧相なもの、みすぼらしいものにばかり目が向いてしまい、心の中にそのイメージがおくられてしまうからです。

感謝の心」は、反対に常に善なるものに向けられているため、常に心は善なるものになろうとします。

そして、最良の形や性質を帯び、やがて最良のものを受け取る事が出来るのです。

これまでの関連ログ
「過去、未来ではなく「現在」を大切に」
「競争原理から抜け出す」
「豊かになる本当の目的」
「豊かさに対する願望」
「富を手にする法則」

ブログランキング・にほんブログ村へ

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

フィンランド・ヘルシンキに注目!

今週末から、フィンランドに行って来ます。
楽しみなのは、北欧の大都市の一つでもあるヘルシンキの街並み。それと、北欧の雑貨たちのと出会いです。
注目のブランドは、ムーミンのマグで有名な陶磁器の「アラビア



その他にも
ガラス製品の「イッタラ
キッチン用品の「ハックマン
テキスタイルの「マリメッコ」などいろいろです。
帰国後の記事にご期待を・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

北欧スタイルはおすすめ雑誌!

ブログを初めてから、日常生活のなかで常にアンテナが働くようになりました。

特に、本屋に行くとこれまで以上に幅広いコーナーに自然と足を運ぶようになりました。

とても刺激のある毎日です。

北欧スタイル No.11(2006summer)
おすすめ度 :
コメント:


そんな中、私がいつも手にとって眺める雑誌はこの「北欧スタイル」です。

北欧独特の洗練された配色、デザインが堪能できます。是非お一度ご覧ください。



にほんブログ村 雑貨ブログへ

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

エジプシャンバザールにようこそ!

お盆休みで時間に余裕が出来たので少しずつ旅の映像を整理しています。

今回は今年初めにトルコイスタンブールに行ったとき印象に残ったエジプシャンバザールを紹介します。

一部ですがその雰囲気を少しだけでもお分けします。


 ↑活気あるエジプシャンバザールの往来風景



 ↑からすみのコーナーです。試食もありました!



 ↑とてもカラフルだったので思わずパチリ



 ↑お魚屋さんもこのとおり

イスタンブールにはグランドバザールとエジプシャンバザールという2大バザールがあります。

今回は旧市街の海沿いにあるエジプシャンバザールに行って来ました。

エジプシャンバザールで売ってるものは、香辛料やいろんなおみやげ物や食べ物たちでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

ファイアー・キングって何?



今日は、コレクティブルズといわる、いわばヴィンテージものの食器を紹介します。

その製品はファイヤーキングと呼ばれています。

アンカーホッキング社というアメリカのガラス会社が製造していた食器のブランドです。

1905年にオハイオ州でホッキングクラス社が創設され、1937年にアンカーホッキンググラス社と名前が変わります。

「ファイヤー・キング」の製造が始められたのは1942年。

当時経済成長期の真っ只中だったアメリカでは、頑丈で割れにくく耐熱ガラスがうりのファイヤーキングは、オーブンや電子レンジの普及と共に瞬く間にアメリカ中の食卓を飾るようになったといわれています。

その後30年以上も製造され続けていましたが、時代の流れとともに1976年に製造が終了。

しかし、製造終了後30年近くたった今でも、つやつやした耐熱ガラス製であたたかみのあるデザインにこうして世界中で愛され続けています。

更に興味のある方は、I Love Firekingのサイトを紹介させていただきます。

ファイヤーキングの魅力は・・・・

ファイヤーキングの最大の魅力はちょっと丸みのあるフォーム。そして白乳色系のやわらかい色合いです。

当時の古き良き時代のアメリカのぬくもりを感じずにはいられません。

また、今は製造されていないからこそ、その出会は特別に感じられます。ずっと使っていきたい。そう思わせてくれる品々ばかりです。

もちろん使い易さもその魅力のひとつ。当時としては画期的だった耐熱ガラスは、オーブンや電子レンジにも使えるのが売り。

また分厚く、頑丈なので、ちょっとやそっとぶつけたり落としたりしても割れません。

ファイヤーキングは気取った食器ではなく、日常に溶け込んだ食器なのです。

ぜひ、一度使ってみてください。毎日の生活の中に少し”ゆとり”ができる事は間違いありません。



にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

過去、未来ではなく「現在」を大切に

先日の大規模停電は、大都市の脆弱性から強い危機感を抱きました。

さて今夜も「富を手にする法則」から印象に残った部分を自分なりに表現し、リフレッシュします。


富を手にするには、強く願望を持ち続け、創造力を働かせ、豊さを受け取る準備が必要です。

そのためには

過去に起こった事、将来起こりうる不測の事態に対してくよくよ悩んではなりません。

今すぐに行動を起こすことです。今を逃せば機会はありません。

今を逃せば将来も機会がめぐってくることはないでしょう

望んだものを手に入れるためには今すぐに行動にかかることです。

環境が変わるまで待って、しかる後に行動するというのもダメです。

自分から働きかけて環境を変えることが重要です。

行動を起こすのは今しかないのです。

今やるべき事だけに集中することが重要です。

これまでのログ
「競争原理から抜け出す」
「豊かになる本当の目的」
「豊かさに対する願望」
「富を手にする法則」

ブログランキング・にほんブログ村へ

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

PEN 「これは欲しい。」

今日は本屋でおもしろい本を見つけました。

「これは、欲しい。」という本です。

これは雑誌「PEN」の中の連載「これは、欲しい。」(そのまんま)をまとめたものでした。

以前から阪急コミュニケーションズから出ている「PEN」という雑誌はなかなか興味をそそる内容が多く目をつけていましたが、このような形で特集がまとめられて本になるとはうれしい限りです。

ファッション」、「インテリア」、「雑貨」、「生活用品」、「趣味」といった5つのアイテム毎に雑誌で特集された記事がまとめてあります。

←雑誌「PEN」です。雑誌をクリックすると細部が表示されます。

ブログランキング・にほんブログ村へ


モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

久々のゴルフに行って来ました。

今日は昔の仕事仲間ゴルフをしました。

1年に1回この時期に集まり今回で3回目となります。

クラブを握るのが8ヶ月ぶりということでスコアは散々でしたが、得るものはたくさんありました。

大自然との一体感により癒されたこと
○日頃の運動不足を実感し反省できたこと
○スコアを気にして縮こまるより仲間とゴルフが出来ることに感謝し楽しんだ方がよい結果が生まれるということを再認識したこと

ブログも毎日楽しみながら積み重ねていくことが結果的に成果となっていくのでしょうね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

HOGRI(ホグリ)で愉快な毎日を

先日、ショッピングモールのコーナーで見つけ愉快になりました。キッチン用品も文具も、それぞれが強烈な個性があるものの、どれも愛着のある表情が忘れられません。




ドイツHOGRI(ホグリ)社は、90年以上の歴史を持つ老舗のルームアクセサリー&キッチンツールメーカーです。

どの製品も、つや消し加工を施した最高品質のステンレススチールを使っていますので、高い耐久性を持ち、洗浄しやすいのが特徴です。





              ↓「雑貨」をクリックして検索してみてください。関連記事が確認できます。
All About [雑貨]

雑貨ブログランキング

続きを読む »

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

バンクーバーに行ったらグランビル・アイランドへ

今年の初めにバンクーバーに行ったとき、グランビル・アイランドというお気に入りのエリアを見つけました。

グランビル・アイランドは、もともと製材所や鉄工所などが立ち並び、産業の中心として栄えたが衰退した後、1970年代に再開発され、おしゃれなスポットに生まれ変わったそうです。




ダウンタウンからバスで約20分のところにあるウォーター・フロント地区には、美術学校、シアター、アート・ギャラリー、クラフトショップ(陶器、ガラス工房、木細工、雑貨)の他、ブリューイング(地ビール醸造所)などもあり、ショッピングや食事、ナイトライフが楽しめる場所として、地元の人はもちろん観光客にも人気のスポットでした。

特に、様々なクラフトショップにある雑貨は、見ているだけで時間がどんどん過ぎていってしまいます。また、地元マーケットの食料品売り場にあったメイプルシロップはお買い得です。

インターネットで見つけた、「シルバ・マーレ」というカナダハンドメイドの素敵な輸入雑貨ショップも紹介しておきます。

旅行ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

モンゴルのゲル

 モンゴルのチンギスハーン国際空港からウランバートル市内に向かう途中の右側は大草原が広がっていました。
 無理にでも日本人向けの表現をすると阿蘇の草千里を10倍にした感じです。



大草原の所々に白っぽい小屋みたいなものがポツリ、ポツリとありました。よ~く見ると下のような小屋でした。



これはゲルといってモンゴルの遊牧民の暮らす住居なのです。これと同じような物でパオという物もありますが、中身はほぼ同じ物で、ゲルモンゴル語、パオは中国語だそうです。
 モンゴルの草原で暮らす遊牧民にとって、ゲルとは草原に建つ家のことで、基礎を造った固定家屋と違って、移動するための分解・組立が容易に工夫された家です。

 外形は風に対処するために円形で屋根に向かって流線形をなし、夏は壁際の裾をめくって風を通し、冬はフェルトを重ねるなどをして防寒するそうです。

 室内の空間は壁で仕切るようなことはせず、一つの室を共有するので、そこは家族団欒の居間であり、台所もあって寝室でもあるのです。これが家族の団結を強める要因ともなっているのではないでしょうか。

 まさに現代の日本が失ってしまった生活文化ではないでしょうか。ウナギ床のマンションの我が家とは大きく異なる家族生活を営んでいる姿が目に浮かび、その精神だけでも取り戻したいと考えさせられました。





旅行ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ




【bao-bab.net】

ナチュラルテイストの雑貨やインテリアと、こだわりデザインの雑貨がたくさん。

コラムやブログなど、商品情報も豊富で読んでも楽しい雑貨屋さんです。

bao-bab.netは、雑貨・インテリアのパスポートのセカンドブランド、bao-bab.fleurのwebショップです。
 

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

雑貨大好き

 あらためて雑貨という言葉を見てみると、意味としては「日常生活のこまごましたもの」で、漢字の組み立てを見ると「雑」と「貨」というお世辞にもきれいな漢字とは言い難い組み合わせです。
 でもトータル的に「雑貨」という文字を見るとその漢字には似つかわしくない、なかしら実用的な面を持ち、かわいらしくぬくもりのあるグッズがそこにあるような気がしてしまうのですが、気のせいでしょうか。
 特に頭に輸入という文字が付くと、そこには異国情緒たっぷりなその土地土地の人々の文化や営みがにじみ出た素敵な物たちが出てきそうな気がするのです。

そこで今日は雑貨に興味のある方におすすめ雑誌です。
より多くの方々に雑貨を通じて世界を感じていただきたいと思います。
Zakka(雑貨カタログ)
おすすめ度 :
コメント:

Zakka(雑貨カタログ)

雑貨ブログランキング

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

競争原理から抜け出しましょう!

学校においても、社会においても、競争心は不可欠と思っていました。

でも、最近これって違うなと考え始めました。

すでに作られたものを人と奪い合うのではなく、新たに作り出すことが重要ではないかと・・・・

人の財産をうらやんだり、羨望のまなざしを向けることなく、創造的な活動をして自ら手に入れることができるのです。

いずれは、そうすることであらゆる人々に利益をもたらす結果となることでしょう。

「豊かになる本当の目的」
「豊かさに対する願望」
「富を手にする法則」



雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

ハリボーって知ってる?

 娘が食べているお菓子を横から一つまみしたところ、そのグミの歯ごたえ、味のうまさにとりこになりました。袋のHARIBOという文字も印象的でした。



 その後スウェーデンに行ったときに免税店にハリボーのコーナーがありてっきりスウェーデンのお菓子かと思っていました。

 日本に帰って検索したところ、1920年ドイツボンという街でスタートしたハリボー社は、創設者のハンス・リーゲル氏の名前と地名のボンの頭文字「Hans Riegel, Bonn」をとってHARIBO(ハリボー)と名付けられたとのこと。納得しました。

 たくさんの人から愛され、今やグミキャンディでは、世界で一番有名な会社となっているそうで、最近は日本でもいろんな所で売られていることも知りました。

 私の好きなのは、グレープフルーツ、ピーチ、コーラなどなど・・・

雑貨ブログランキング

続きを読む »

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

豊かになる本当の目的とは?

 豊かになる目的は、本能のままに生きることではありません。

 精神的な喜びを得、野心を満たし、有名になることではありません。また、反対に人々の幸せを願い人類の救済にすべてを捧げ満足することでもありません。

 人を思いやる気持ちが極端に過ぎれば、これもまた利己主義と変わらないのです。

 本当の意味での豊かになる目的は、自分自身の力を最大限に活用することです。それは、自分自身のためにもなり、人のためにもなることです。

 日常の中で、自分の能力を最大限に活用することに専念し、充実した人生を求め、豊かになっていくことは、結果的に人のためになっていくと信じています。

「豊かさに対する願望」
「富を手にする法則」

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

ロシアの土産:マトリョーシカ

サンクトペテルブルクで有名なマトリョーシカ人形を買いました。

マトリョーシカ人形(ロシア語:Матрёшкаマトリョーシュカ、Matryoshka doll)は、ロシアの木製の人形です。



てのひらサイズ★まっすぐな瞳。青い花の少女。マトリョーシカ(赤・5個組)A-19
てのひらサイズ★まっすぐな瞳。青い花の少女。マトリョーシカ(赤・5個組)A-19
胴体の部分で上下に分割でき、中には少し小さい人形が入っています。

これが何回か繰り返される入れ子構造になっています。入れ子にするため手は無く、胴体とやや細い頭部からなる筒状の構造です。

 お土産屋さんや空港の免税店には大小様々でいろんな表情をして、様々な色彩の民族衣装をまとったマトリョーシカが所狭しと陳列されていました。

なかには日本の変わり雛のように、大統領など有名人が描かれたもの、ディズニーのキャラクターなどが描かれたものなども種類も豊富で見ているだけでも楽しくなりました。

 写真のように5重になっている小さめのものは2000円~3000円程度ですが、大きいものになると高さが30~40センチのものあり、値段も1万円以上でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
「雑貨の神髄」のホーム

続きを読む »

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

豊かさに対する願望について

豊かさに対する願望は、いっそう恵まれて充実した実りの多い人生を送りたいという願望であり、素直に受け入れることが重要だと思います。

願望とは、試してみたい可能性であり、実行してみたい機能です。
 
日常の生活の中で、ワクワクした時間を多くもつよう心がけ、その結果が自然に豊かになる方法と結びついてゆけば素晴らしいと思います。

過去のログ
「富を手にする法則」

いつもありがとうございます→ブログランキング・にほんブログ村へ
 

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

トルコのお守り:ナザールボンジュ

今年1月にトルコに行きました。

特にイスタンブールは素晴らしい景観は今でもまぶたに焼き付いています。

街の至る所で見かけたのは、青いガラス玉の真ん中に目を置いたナザールボンジュというお守りです。


【New】ナザールボンジュウ シルバータイプ 大

トルコ語でナザールは「目」、ボンジュは「ガラス玉」を意味します。

トルコでは、ねたみ深い人から悪霊や邪視が人にとりつき危害を加えると信じられています。特に碧眼は魔力が強いものと信じられているそうです。

ナザールボンジュトルコのお土産として非常に有名で、大小、デザイン別にいろいろな種類があります。

最もオーソドックスなものは、ガラス玉に編んだ紐がつけられ、ビーズが編みこまれ、上が縄の輪になっているもので、釘やピンでとめたりすることもでき便利なお守りです。

トルコでは、とにかく町中にこの目玉が氾濫してます。

お店の壁に飾ったり、車に飾ったり、アクセサリーとして身につけたり、お部屋に飾ったり、多くの人がお守りや魔除けとして身の回りにナザールボンジュを置いています。

若者がファッションとして髪に編みこむひも状にビーズが通ったものもあります。テレビのCMでもナザールボンジュがひょこっと出てきたりもします。

日本でナザールボンジュはあまり見かけません。

欧米人にはインテリアグッズとして人気があるそうで、その後欧州に行った際、この目玉を街で見たとき、ふとトルコの風景が目に浮かび懐かしさがこみ上げてきました。







にほんブログ村 雑貨ブログへ

お立ち寄りいただきたい素敵なショップ

「雑貨の神髄」のホーム

プロフィール

1104kazuchi

Author:1104kazuchi
お気に入りの素敵なアイテムをご覧いただき、わずかながらでもライフスタイルへの刺激にしていただければと思っています。訪れた方にワクワクした気持ちを抱いていただくことが何よりの幸せです。

ブログ検索

カスタム検索

コンテンツ

相互リンクをよろしくお願いします!

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム



相互リンク テクノラティプロフィール インテリア・雑貨についてのブログを表示する.
copyright © 雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介) all rights reserved.Powered by FC2ブログ 北欧についてのブログを表示する.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。