雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介) > スポンサー広告 > ロベルト・ヘアダー 風車のナイフオールドジャーマン 

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介) > ヨーロピアン雑貨 未分類 > ロベルト・ヘアダー 風車のナイフオールドジャーマン 

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)

ロベルト・ヘアダー 風車のナイフオールドジャーマン 

ナチュラルなデザインと機能性のロベルト・ヘアダー 風車のナイフオールドジャーマンです。

Robert Herder / ロベルト・ヘアダー 風車のナイフオールドジャーマン / ナイフ 通販【1225...

薄く鋭利な刃先は、フルーツナイフとしてはもちろん、調理までこなせる万能ナイフ。

切れ味の良さに加え、先端が丸くなっていますので、手軽にテーブルでパンやチーズ、ハムを切るほかに、丸い先端でバターやジャムをすくって塗ることもできてとっても便利です。

かわいくコンパクトで、手になじみやすく、切れ味もいい。おしゃれなカフェなどで見かけたりしますよ。アウトドアにも最適ですね。


風車のナイフ”の特徴
1.ゾーリンガー・デュンシュリフ技法(Solingen Duenschliff)
ナイフの刃を細長いくさび状のフォームにしているのが、ゾーリンガー・ デュンシュリフ技法。この薄く鋭い仕上がりが「風車のナイフ」を 鋭利な状態で、より長く使用することを可能にしているのです。

しかし、刃物製作の工程が次々と機械化されていく中、現在ロベルト・ヘアダー社の“風車のナイフ” にだけこのゾーリンゲンの伝統的な技法が生かされています

2.ブラウブリーステン手法(Blaupliessten)
風車のナイフ”コレクションをはじめ、多くの刃物で、一流マイ スターによる最終仕上げ研き、ブラウブリーステン手法で仕上げら れています。

この技法は、ロベルト・ヘアダー社に50年勤務する刃付けマイスター Fehrenkamp氏がこの伝統技術を継承する最後の職人といわれ、 ゾーリンゲンの伝統的な製造過程の中で最も時間のかかるものです。 この技法で研かれた繊細な刃身は、滑らかで光沢のある研削条痕の 輝きが見られるのが特徴です。

3.ナーゲルプローペ(Nagelprobe)
ロベルト・ヘアダー社では、親指にはめた鉄製のリングにナイフの刃を 軽く押し当て、鋭利な刃の仕上がりをチェックします。 その接点に小さなさざ波のような光が現れるかどうかで、その高品質性 を確認するのです。

刃付けのマイスターの伝統では鉄製のリング代わりに、自分の親指の爪で チェックすることから、この仕上がり検査の方法はドイツ語で ”ナーゲルプローペ”(爪検査)といわれています。

↓インテリア・雑貨ブログがいっぱいです↓
にほんブログ村 インテリアブログへ

ファイブスタイル ブログランキング

BlogPeople「生活・一般」ブログランキング

「雑貨の神髄」のホーム

スポンサーサイト

<<北欧スウェーデンアンティークのStig Lindberg Bersa ティーカップ&ソーサー雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)reisenthel(ライゼンタール)SHOPPER XL(ショッパーXL)>>

<<北欧スウェーデンアンティークのStig Lindberg Bersa ティーカップ&ソーサー雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介)reisenthel(ライゼンタール)SHOPPER XL(ショッパーXL)>>

プロフィール

1104kazuchi

Author:1104kazuchi
お気に入りの素敵なアイテムをご覧いただき、わずかながらでもライフスタイルへの刺激にしていただければと思っています。訪れた方にワクワクした気持ちを抱いていただくことが何よりの幸せです。

ブログ検索

カスタム検索

コンテンツ

相互リンクをよろしくお願いします!

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム



相互リンク テクノラティプロフィール インテリア・雑貨についてのブログを表示する.
copyright © 雑貨の神髄(北欧スタイルなインテリア・雑貨を紹介) all rights reserved.Powered by FC2ブログ 北欧についてのブログを表示する.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。